こんにちは。今日は雨でまた少し寒いですね。
昔、母が天気や季節の変わり目は変な人が多いから気をつけなさい、とよく言っていたのを思い出しました笑


さて、今日のテーマはめまい、にしました。
内部事情を言うと、ブログも一生懸命更新していますがまだ残念ながらアクセス数が伸びない状況です。一部の読者の方から、まだちょっと内容が難しいのでないか、とのご指摘も頂きましたので、今回はなるべく難しい話は抜きにして、内科の外来で多い症状の1つに「めまい」があります。

めまいの原因は大きく分けると、

①中枢性のめまい(脳からきている)

②末梢性のめまい(耳からきている)


に分けられます。結論から言ってしまうと、だいたい8割〜9割のめまい症状は、②の耳からくるめまいのことがほとんどです。耳には三半規管というものがありますが、そこにある耳石という石のようなものが、姿勢や頭の位置によってずれたり動くことでめまいが起こります。

この病気自体では命の危険はありませんが、逆に特効薬もありません。点滴をすると楽になる方が多いので、点滴することが多いですが、特別な薬が入っているわけではなく、点滴で寝て休んでいるうちによくなる、というのが本音です。②については、他にメニエール病とか、前庭神経炎とか、突発性難聴といった耳鼻科の病気があります。前庭神経炎は風邪などのウイルス感染などがきっかけで起こることもありますが、原因はまだよく分かっていません。メニエール病や突発性難聴は、ストレスがきっかけで起こることが多い病気です。

①に関しては、②と違い、脳梗塞などでめまい症状が起こっている場合のことです。基本的には①に関しては緊急性の高い病気なので入院や専門的な治療が多くの場合必要になります。


脳梗塞というと、普通は麻痺が出るんじゃないの?と思われると思いますが、小脳と呼ばれる平衡感覚を司る脳があり、そこにいく血管が詰まるとめまいがしたりうまく歩けなくなったりします。

①なのか②なのかの診断は難しいですが、確定的な診断は頭のMRIを撮るしかありません。夜中や休日はMRIが撮れない病院もあるので診察で見極めるしかないこともあります。

いかがだったでしょうか。気に入ってくれた方はブックマークお願いします。このエントリーをはてなブックマークに追加