こんにちは。昨日に引き続き今日は第2弾ということで、生化学検査についてです。
そもそも、生化学ってなんだ?というところからですが、分かりやすく言うと、肝臓や腎臓、尿酸といった内臓機能の数値を見る検査です。概念的な話をしても仕方ないので具体例をどんどん見ていきましょう。

●肝機能検査

AST(GOT)
ALT(GPT)
LDH

まずはこの3つからです。ASTやALTは、肝細胞から出る酵素で、GOTとかGPTと書いてあることもありますが同じだと考えてください。ALTの方が肝臓自体が障害された時により高く出ます。LDHは乳酸脱水素酵素と呼ばれる酵素で、肝臓以外の病気でもよく上がります。

これらはどういう時に上がるかといえば、多いのはたくさんお酒を飲む人や、肥満のある人です。
また皮下脂肪があまり目立たなくても、内臓脂肪といって肝臓などの臓器に脂肪がついている場合もあります。その他、薬の副作用などで上がることもあるので注意が必要です。

なお飲酒に関しては、厚生労働省が日本人男性を対象とした研究で、1日約20g(焼酎1合程度)の飲酒が体にはちょうどよいとしています。それ以上は飲みすぎってことですね。

ホームページ作成サービス「グーペ」


●腎臓機能検査

尿素窒素(BUN)
クレアチニン(Cre)

腎臓はこの2つです。というか、クレアチニン値だけ覚えていれば基本的には大丈夫です。
クレアチニンとは、筋肉で作られる老廃物、不要なもので、腎臓でろ過されるのですが、腎臓の機能が悪いとあまりろ過されずに採血で高い値が出る、という仕組みです。腎臓が悪いと数値はもちろん高くなりますが、「若くて」、「体格のいい」、「男性」は元々の筋肉の量が多いので高めに出ます。
逆も然りで、小さいおばあちゃん、なんかは低い値が正常値となります。だいたい男性で0.6~1.0mg/dL、女性で0.4~0.8mg/dLが正常値ですが、基本的には低い方が健康という証です。

なお腎臓が悪い、の最終的な治療は透析ですが、これは腎臓から尿がつくられないので、代わりに血液を機械でろ過してまた戻すという治療です。参考までに、透析患者さんのクレアチニン値は透析直後で3~4mg/dL、透析前ですと6~8mg/dLくらいでしょうか。つまりそのくらい高くなってしまうと週に3回、透析のため病院で4~5時間治療を受けなければいけないということになってしまいます。

腎臓を保護するにはどうしたらいいか、ということですが、残念ながら一時的に腎機能が悪くなっているケースを除いて、徐々に進行する「慢性腎臓病」において自身の腎機能を「今よりも良く」する治療はまだ開発されていません。(自身の、と書いたのは腎臓移植という治療があるからです)

結論としては、健康診断をしっかり受けて、万が一腎臓が悪いと言われた場合は高血圧や糖尿病といった腎臓を悪くする要素の治療を受け、強い解熱鎮痛剤などの腎臓に負担のかかる薬の内服は可能な限り避けるのが無難です。「これ以上悪くしない」ようにするのです。

当初3部構成で行く予定でしたが、書き始めたら思いのほか長くなりそうなのでいったん区切ります。
気に入って頂けたら応援クリック、ブックマークお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加